ジスロマックはなぜ得なのか

感染症に困らされてしまうということは人生の中で誰もが経験することになるものです。
原因となる細菌の数が多いこともあって誰もがその症状に悩まされることが多く、発熱を伴って感染部位に特徴的な症状があらわれるのが一般的です。
放置を続けてしまうと症状が悪化する一方になるものがほとんどであり、速やかに治療を開始しなければ命にかかわる場合すらあります。
そのため、細菌感染症を疑ったら医者に行って診断をしてもらい、抗生物質を飲むということが大切になります。
その際に用いる抗生物質として有名になってきているのがジスロマックです。
ジスロマックを持っているとお得であるということが噂されるようにすらなっており、その理由について知っておくことはそれこそ得となるでしょう。
ジスロマックは抗生物質としてはマクロライド系に分類されるものです。
その特徴となるのが有効な菌種の多さであり、グラム陰性菌やグラム陽性菌といった頻繁に見られる感染症の原因菌に加えて、非定型菌と言われる多くの抗生物質が有効ではない菌に対しても有効性を示します。
また、多くの抗生物質は飲み続けることによって完治することができるため、大量の抗生物質を持っておかなければ治療ができませんが、ジスロマックはたった3回の服用で治療を達成できます。
単価が高くてもたった3つだけ持っていればほとんどの細菌や非定型菌に対する感染症を治すことができるというのがジスロマックの得な点です。
医師の処方箋がなければ日本では手に入れることができませんが、通販によって個人輸入することもできます。
細菌感染を速やかに簡単に治すための手段としてジスロマックを持っておくと得をするでしょう。

ジスロマックで治せる性病とは

マクロライド系抗生物質として有名なジスロマックは数多くの感染症に対して有効であり、性病の治療においても利用されます。
しかし、どんな感染症でも治せるというわけではなく、その有効菌種に対する感染症であるということが必要です。
ほとんどの細菌に対して有効であることに加えて、クラミジアやマイコプラズマにも有効性があるということが特徴なのがマクロライド系抗生物質であり、ジスロマックは性病治療においては性器クラミジア感染症の治療に著効を発揮します。
性器クラミジアは日本で最も多い感染症として知られており、男性の場合には尿道炎、女性の場合には子宮頸管炎を起こしやすいという特徴があります。
その治療においてはジスロマックを1回だけ服用すれば十分であり、ほとんどの人が完治することが可能です。
クラミジア感染によってこういった炎症による自覚症状が出てくるまではなかなか気が付かないものですが、もし症状が出てきてしまってもあせらずにジスロマックを使用すれば原因となっているクラミジアを除去することができるでしょう。
服用を行った後、10日から2週間程度をあけて検査を行うことで完治できたかどうかを確認することができます。
一方、細菌感染症として知られる性病には淋病もあります。淋菌が原因菌となっている感染症ですが、この治療にはジスロマックではなくペニシリン系抗生物質がよく用いられます。
これはクラミジアとは異なってペニシリン系抗生物質が効く細菌感染症であるからという理由もありますが、ジスロマックに対して耐性を持っている淋菌が多く確認されるようになっているからです。
そのため、性病治療においてジスロマックが活躍するのは主に性器クラミジア感染症となっています。

ジスロマックの服用期間はどのくらい

ジスロマックはニューマクロライドとして著名になった信頼性の高い抗生物質です。
マクロライド系抗生物質として広い範囲の細菌に対して有効であることに加え、マイコプラズマ属やクラミジア属に対しても高い有効性を示し、歯周病菌に対しても効果があるために使用範囲が飛躍的に広がってきています。
ジスロマックが使用されるようになるケースが多くなっているのは、こういった形で広範囲の感染症に対して有効性が高いということだけが理由ではありません。
数多くある抗生物質の中でも他にはない特徴をもっているのがジスロマックだからです。
その特徴とは効果の持続性の高さであり、1日1回の服用で十分な効果を発揮することができます。
1日3回ということが多いことに比べると飲み忘れの心配もなく、薬を飲むことへのストレスも最小限にできるというメリットがあるのです。
しかも、咽頭炎や扁桃炎、肺炎、副鼻腔炎などの多くの感染症の場合には1日1回の服用を3日間だけ行えば十分に治療効果を発揮し、2週間程度の間は効力が持続します。
また、尿道炎や子宮頸管炎などの場合には1回だけ服用すればそれで十分な効果が得られて完治できるのが一般的です。
成人でも小児でも用量を守れば同じような形で治療を行っていくことが可能であり、3日間しか飲まずに完治できるというのがジスロマックによる治療の優れている点です。
ただし、それによって完治できないケースもあるのは事実であり、その場合には2週間程度の経過観察を行った後、再度1回または3日間の服用を行うこともあります。
あるいは耐性菌が問題となっていると推察された場合には他の抗生物質に切り替えて治療を行うようになるのが一般的です。
■ジスロマックの成分
アジスロマイシン