ぶつぶつや尿道炎の兆候が見られたらジスロマック

ぶつぶつや尿道炎の症状があった場合、性感染症を疑います。通常尿道炎は男性のみの症状とされており、女性の場合は膀胱炎から女性尿道炎となることがあります。
尿道炎を引き起こす主な病原体には淋病、雑菌、トリコモナス、クラミジアなどがあり、共通した症状としては排尿の際痛みが生じたり、膿が出たりします。淋病の場合は潜伏期間が5日ほどですが、突然発症しどろどろとした膿が出ます。排尿の際も強い痛みと熱い感じがします。そのままでも症状が治まることもありますが、治っているのではないので、他の人に感染させる危険性があります。また、前立腺が炎症を起こしたり睾丸が腫れたりすることもあり、不妊症の原因となることもあります。
トリコモナスの場合は潜伏期間が5日から1か月と幅があり無症状の事が多いです。トリコモナスは水には強く乾燥には弱い性質があり、感染力も大変強いので、お風呂や下着、タオル、温泉、プールなどで感染することもあります。男性の場合は前立腺や精嚢にいることが多く尿道に出てくると尿道炎を引き起こします。
クラミジアは微生物が原因で起こる感染症で、目に入るとかゆみや目やに、充血など眼球結膜炎をおこすことがあります。潜伏期間は長くても3週間程度で、排尿の際ちょっと痛いかなと感じたり、尿道にかゆみをともなったりします。症状が治まっても治療をしていない場合尿道の中にクラミジアが潜んでいるので他の人に感染させたり副睾丸炎になったりすることがあります。副睾丸炎になると睾丸が大きく腫れたりしこりができたりします。
これらの尿道炎の症状が出たときは医療機関を受診します。医療機関では抗生物質であるジスロマックを処方し経過を観察していきます。ジスロマックは副作用が少なく小さい子供にも処方される薬で、1回飲むと1週間ほど効果が持続します。予防としても効果がある薬です。