乾燥は性病のせい?性病の防止方法とジスロマック

最近よく耳にする性感染症は性器やその周辺に性病の原因となるウイルスが侵入し増殖することで症状を現します。特に性感染症の多くは、おしっこなどをする際に性器に激痛や痛みを感じることや性器周辺が酷くかゆむ、また悪臭のような酷い臭いを発するなどの症状が報告さています。特に厄介なのは症状が現れず自覚しない間に体内でウイルスが増殖してしまうケースです。これは性感染症で珍しくない症状で体内で気づいた時には手に負えないほど重い症状になって発覚するため、性行為を頻繁に行っている方や不特定多数の方と性行為をされている方は十分にそのリスクを考え、定期的に病院などで性感染症の検査を行っておくと良いでしょう。また性病の疑いでよく不安に挙げられる症状として性器がカサカサと乾燥し皮膚が剥がれるような症状で不安を抱く方もいいですが、性病の中でも多いクラミジアなどのウイルスは乾燥に非常に弱いため、性病の可能性は比較的するないと考えられます。しかし、あまりにも症状が酷い場合や続く場合には何かしらの病気や原因が考えられますので病院で検査してみると良いでしょう。性感染症の防止方法については、性行為を行う前にしっかりと性病検査を行っておくことが重要です。また自宅でできる検査キットなども売られていますので、病院へ行くのが嫌な方でも検査することは可能です。その他にもコンドームを使った性行為でも性感染症は防止することが可能です。もしパートナーが性感染症であってもコンドームの装着により性病のウイルスが直接侵入することを防ぐ働きがあり、避妊具としての役割と兼ねて性感染症予防にも効果があると言えます。また治療にはジスロマックを病院で処方してもらうと良いでしょう。